BXI Builingual System started translating.
Language
2021.09.16

無菌調剤室



コメント:クリーンベンチ設置室内を清潔確保のためビニールで覆っています

コメント:機械を動かし0.3μmの浮遊物質を測定しました

稼働後5分でクリーンベンチ内はほぼ浮遊物質がなくなり、10分で室内全体に浮遊物質がほぼなくなり、15分でClass2を確保しました

これは極めて高い基準で認定条件を大幅にクリアしたデータです

ISO14644-1規格

Class2:10個/㎥

Class3:102個/㎥

Class4:1,020個/㎥
2021.09.09

地域連携薬局 認定薬局 求められる役割



①医療機関との情報共有、②在宅医療時の薬局との連携、③安心して薬物療法を受けられる体制づくり

・地域連携薬局とは、薬機法にて特別に認定区分された薬局で、住之江区で取得できた数少ない薬局です

・薬剤師として豊富な臨床経験があり、専門資格を取得し、その後の継続研修内容も評価された薬剤師が常駐し、24時間問合せに応じる体制を確保しています

・多くの病医院との連携を評価されています

・麻薬、抗癌剤等特殊な薬剤の調剤経験が豊富で、お薬の効果を評価し副作用を軽減するアドバイスと適切な治療を継続するために病医院と相互に連携しています

・無菌調剤設備を設置しています

・各種医療機器の販売を認可された薬局です

・在宅・居宅にも対応しており、地域包括支援センターや多くのケアマネージャー様とも連携しています
2021.01.28

新型コロナPCR検査

新型コロナPCR検査

日本でも新型コロナが猛威を奮い、緊急事態宣言が都会を中心に出されています。皆さん注意しましょう!
さて、PCR検査は日本の場合どうなっているのか?内容を今回はご紹介していきます
PCRは鼻粘膜等から取り出された少ない量のウイルスを増幅させ検出できるであろう量まで増やして見つけ出す検査です。増やすサイクル回数をCt値として表現します。
回数を増やせば増やすほどわずかな量のウイルスを検出できるようになります。しかし、問題もあります
回数が増えれば手間も増えるので時間もかかるし費用もまします。加えて新型コロナウイルス以外のものも増え偽陽性が出る可能性がふえます。
問題はそれ以外にもあります
新型コロナの場合、他人に移さない感染力のない残骸を増やし検出してしまうこともあるのです。英国の研究では、Ct値が25より小さい陽性者の85%以上は他人に移すウイルスを検出できたが、35を超えると8.3%しか検出できなかったそうです。
よって多くの国では30〜35回に設定されています。WHOでも確か35だったと思います。
日本は一部検査機関が40回で規定してるようですが、国としては決まっていません。きめ細かい性格の日本人ですから公的な先は40回以上と思います。決まっていない事も問題であり、Ct値が高すぎる事も問題です
せめて35回に設定頂ければ、もう少しマシな感染対策を作り上げる事もできるでしょうし、一定したデータに基づく評価により海外専門学者からも評価される事にもなるのでしょう
日本学術会議では色々な問題が露天しています。日本の検査データの一律化、評価され次につながる検査結果構築のためにも、こういった地道な事から統一見解を出し、専門家の力を取りまとめて欲しいものです

ちなみに添付の検査結果は私の抗原検査陰性の書類になります
2021.01.22

医療用体脂肪測定器

内臓脂肪をこの機械で測定する事ができます
隠れ肥満発見装置?でしょうか

内臓脂肪は成人病の原因となります

気になる方は、処方箋持参時に測定してみて下さい
薬剤師が結果に基づいて指導させていただきます
2021.01.22

ダイソン加湿除菌機設置

ダイソン加湿除菌装置です
インフルエンザウイルスの取り除く優れものです
殺菌装置と合わせて薬局内の感染予防を徹底してますので安心して御来局下さい
2021.01.22

医療用空間除菌機設置

医療用空間除菌機を待合に設置しました
高度除菌がされます
常に薬局待合内のウイルスを破壊しますので安心して来局下さい
また、もう一台のダイソンの機械で細菌やウイルスをフィルターにて除去するようにもあしています
2020.04.12

ポピドンヨードうがい薬を使ったマスク消毒法です

ポピドンヨードうがい薬を使ったマスク消毒法です
マスク不足の折、役立てば幸いです
2020.04.12

今年は認定が早く取れました

今年は認定が早く取れました
オンライン服薬指導は9月1日からの認定でしたよ
それまではみなしかな?
受けることがあれば、その際に考えようと思います
2019.08.02

競技とは反対側はこんな感じです

競技とは反対側はこんな感じです